cleaning

難しい掃除

素人にはできない掃除

Home cleaning

掃除というと我々が日常の中で行うものですが、時には素人には手におえない掃除もあります。例えば、自宅で自殺、孤独死、事故死、溺死などがあった場合、遺体があった場所の掃除は簡単ではありません。 特に長いこと放置され腐敗してしまった遺体があると汚れや臭いが酷く、簡単な掃除だけでは綺麗にすることはできないでしょう。また、衛生面の問題からも素人が行うことはお勧めされません。そこで活用したいのが特殊清掃です。 特殊清掃とは掃除業の一種であり、特別な場所の掃除を行うプロです。専門知識を活かして、汚れ、臭い、除菌までしてくれるため、元通りの状態に回復させることが可能です。 万が一の時には、自分でどうにかするのではなく、こうしたプロを活用するようにしましょう。

特殊清掃でできること

特殊清掃は事故現場掃除業とも呼ばれています。そのため、一般的には遺体のあった場所を掃除する業者として認知されていますが、その他にも特殊清掃ができることはたくさんあります。 例えば、害虫駆除、遺品整理、お祓い・供養、家屋の解体などです。 害虫駆除も専門知識と技術が必要なので素人ができることではありません。また、大量の遺品整理をどうしたらいいのか分からないという方も多いですが、特殊清掃が依頼者の指示に従いならが整理をしてくれます。その際には、故人が大切にしていたものはお祓いや供養をした上で廃棄してくれるので安心です。 さらに家屋の解体までお願いできるため、必要に応じて特殊清掃を活用してみるといいでしょう。